動画編集ソフト VEGAS Pro の説明会に行ってきました

今回買った新しいマウスコンピューターは高いスペックを選んだのは画像処理を行うためです。
動画編集ソフトを入れて動画もどんどん作っていきたいと思っています。

それでソースネクストのVEGAS Proの説明会があるというので行ってきました。

VEGAS Proってソフト単体でも買えるのですが、シリーズ化されているソフトが複数あります。

だから買う時に間違ってしまいそうです。

動画編集ソフトの本体 VEGAS Pro Suiteというのを見せてもらいました。


値段を聞いて驚きました。9万円程!
ソースネクストが販売するソフトの価格ではないですよね。
今はキャンペーンで1万円程で買えるらしいです。でも、キャンペーンが終わっても9万円ってことはないでしょうね。

Windows10には、ウインドウズムービーメーカーがプリインストールされていません。
だけれどもマイクロソフト社のサイトからダウンロードしてインストール出来るので、無料ソフトを使うという選択もあるでしょう。

・・・ そう思ったら、もうウインドウズムービーメーカーはダウンロードしてインストール出来なくなっているのですね。

つまり、動画編集をしようとしたらVEGAS Proの様な有料ソフトを買わないとならないというわけです。
(ー_ー;)ウーン、、、

今回、私がソースネクストの説明会に参加したのは、VEGAS Proには多くのエフェクト効果をつける機能があると聞いていたからです。

そんなに凝る動画を使わないとしても、手ぶれ補正くらいはしたいものです。
そうなると、ウインドウズムービーメーカーでは物足りないです。

参照) VEGAS Proのエフェクト機能 詳細ページへicon

VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで

説明会ではインターフェースを見せてちょっとした画像編集をしてくれました。
会場の中には前のバージョンのVEGASを使っていた人もいて、馴染みのある操作画面だった様です。

私の印象は、エフェクト効果だけでなく、音声の修正機能があるのが良かったです。
よく動画撮影中に自分の声が入ってしまう事があるのですが、自分の声を消したいといったニーズに応える機能がありました。

雑音を消去したりも比較的簡単に出来るのは使えると感じました。

でも、私にはいくつか不満に思う所がありました。
まず、私にとって馴染みのないインターフェースなのでちょっと購入するのに躊躇する所があります。

使い方を紹介するビデオがあるとの事です。
私にはそのビデオがないと使えない気がします。

参照) 60分のVEGAS Proの使い方ビデオicon


それとバックミュージックが入れられない点が不満でした。
バックミュージックを簡単にビデオの時間に合わせて入れる機能があるといいのですが ・・・

ソースネクストが販売している別ソフトでFastcut2というのが、まさしくそれを叶える機能です。

わずか1分で動画にバックミュージックを入れられるらしいです。
他の動画編集ソフトで作った動画やスマホで撮影したものでも簡単にバックミュージックを入れられるという事です。

これはこれで便利です。

参照) バックミュージックを入れらるFastcut2 詳細ページへicon


Fastcut

VEGAS Proの説明会自体は良かったです。


VEGAS Proの操作方法の概要は英語の解説だけれども、どんなことが出来るのか分かって下の動画が分かり易かったです。

参照) ソースネクスト VEGAS Pro 詳細ページ
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする