PhotoshopのHDRトーンはつまらない写真を面白くする

Photoshopを使い出して、直ぐできて面白いのが、色調補正のHDRトーンです。

これは凄い効果です。

HDRトーンを選択する

例えば下の落ち葉の道の写真
落ち葉あるだけであまり面白みがありません。

落ち葉の道

この写真をシュールレアリスム というプリセットされたHDRトーンでリタッチすると、下の様な写真になります。

色が少なくなり、奥行きをより感じられる写真になります。

落ち葉の道

scott5 というプリセットされたHDRトーンでリタッチすると、下の様な写真になります。

色が濃くなり、輪郭も強調されます。

枯葉が面白く見えてきます。

落ち葉の道

また、グレースケールノイズというプリセットなら、下の様な写真になります。

枯葉の形が印象強くなり、沢山ある様に見えます。

落ち葉の道

彩度をさらに上げるのプリセットにすると、絵画調になります。
挿絵になる様な画像です。

落ち葉の道

この様にPhotoshopで遊べると思うと写真を撮る時も、あまり面白くないシーンでもシャッターを切る価値を感じます。

カメラの楽しみが増しますね。

Photoshopは以前は高額なソフトだったのですが、今、月1000円程で利用できる様になりました。
これは有難いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする