2000年に作ったExcelの VBAをWin8で動かしてみた

2000年、つまり今から14年前に作ったExcelファイルを開いてみました。
子供たちに、あいうえお を覚えさせる為に作ったExcelシートでした。VBAを使ったテストでした。

下の様にパソコンの前に座られて、出てきた文字を読ませていました。
当時は、今ではないコンパックのパソコンでしたよ。高かったなぁ ・・・

あいうえお テスト

それが、今、Win8で動くのか? やってみましたよ。

このExcelには、3つの機能があります。

一つは、あいうえお のテスト

次は、その結果の保存
記録を取っておくことにより、どの字が苦手か、また克服できたかを知ることが出来ます。

そして、間違えた字だけを再度、テストする機能です。

あいうえおテスト

このExcelファイルを開くとセキュリティの警告が表示されました。

マクロが無効に

コンテンツの有効化 のボタンをクリックするとマクロが動く様になりました。

そして、GO のボタンをクリックして14年前のVBA動かしてみると ・・・

下のテスト画面になりました。

あいうえお テスト

文字が大きく出てきますので、それを読みます。正解、不正解をマル・バツをクリックしていきます。

子供はすぐに飽きてしまうので、後何問あるか表示させています。正解率もリアルタイムに表示させました。

全問終わると、はじめのメニュー画面に戻る仕組みです。

やってみると、なんだぁ、ちゃんと動作するではないですか!
2000年に作ったVBAが今動くならば、作り甲斐がありました。あいうえお ではなくて、他のものに変えれば今でも利用できるでしょうね。

今度やってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする